diary,  自分とつながる

ウツでビビリの日記




※最近こんなことがあって鬱状態です
・大切なお友達に無視されたという出来事により、過去や過去生の記憶や感情につながってしまって、一気に自信や自尊心がなくなり存在しちゃいけないような気持ちから抜けられなくなる
・先月私はコロナにかかりまして、大変お世話になった大切な方(高齢)に移してしまい、重篤な状態が続いている。その方は目の見えない方で奥様が辛い思いをしながら過ごしている
・離婚することが決定した(無職)
・お金がない(らしい)
・色々あったお世話になったコミュニティを脱退することにした
・世間的にみたら私は酷くてキモい奴だと気づく。(男性遍歴・友達関係)
罪悪感、内外からの批判、孤独、寂しさ、現実逃避。。みたいな感情がすごくてうまく動けない。。haha




昨日、


鏡に向かって


「たとえ世界中の人が反対しても、私だけは あなたの味方だからね」

「絶対に、見捨てない。もう絶対に・・。」




って、なんだか

気づいたら勝手に言ってしまってて


(嘘くさいって小さく聞こえてきたから、何度も言い直した)







そしたら

今日。

何気なくネットを見てたら

蝶々さんというスピリチュアルリーダーを批判する記事を偶然見つけ

”子宮系女子”を批判する方々の記事やブログを見てしまって


ゾワゾワ、胃がグウうーーーーーんと重たく嫌な気持ちに。。



まず”批判”というものをこの目でわざわざ見に行くのが久々でそれだけでキッツい。

ひぃィィぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああ((((;゚Д゚)))))))


いや、わかるはずなんだ・・・

私も昔はそっち側の世界の人間だった

こんなの見るのなんてなんてことないはずだった

でもでももう、なんかむりんなってる!!!!言葉の使い方言い方陰湿!!!

え?え?こわーーーー!!!!

私、めちゃめちゃ耐性ない!!!!!やべーーーーー!!!!!!

そりゃ、社会に出るの怖いわ!働きたくないわ!!!

こんな人と出くわしたら話すの多分無理!!!!!黒いの透けて見えるぜったいぃ!!!

黒いのが悪いわけじゃないのよ!いいのよ!ただ、性質がもう違いすぎて死にそうになりそうな気がする

HPの減り方ハンパないと思う


はあ。。。

子ども2人育ててかなあかんのに

シングルになるのに

こんなんでどうやって生きてくのあーた・・・?

(どうやって収入を得ていくか迷い中)






今まで”子宮院長”とか”はるちゃん”とか”子宮系女子”っていうのは耳にしたことあったけども

なんか私のセンサーには引っかからなかった・・いや、違うか

無意識に働く小さな微細な、避けるようなエネルギー

特に惹かれなかったからなにも知らなかったんだけど

今、こうして

やっと知ることができて

いろいろ調べてみたら

多分年齢も同じくらいだし出身も東北だし

出てくるワードや言ってることがわたしの感覚とすごくかぶってる・・汗

私は世間様には公言してないだけで、おんなじようなもんだ。

以前、

銀河の学校で

自分自身についてのチャネリングを実践した中で

「今は子宮の声を聞きなさい」「それがあなたの魂の声」って聞こえたし

そうしてきた。

それから歩んできた道も

過去の所業も

その人よりは規模が小さいが、似たよなくくりだよな。。って



皆がいう、「あなたにはアンチがつきやすい」「人の葛藤を引き出しやすい」とかって

こういうことかって 理解が深まると同時に

アンチからこんなこと言われてなじられるかと思うとほんと怖いし足がすくむ、、、

なんなのこの人たち この世界観

こ、怖い。。。(´༎ຶོρ༎ຶོ`)









「今まで必死に普通のフリしてきたんだね」

あの子に言われたセリフ・・・









私には、劇的に怖すぎる


私はこれから

こんなふうに世間に叩かれに行こうとしてるのかな。。













だけれど







ふっと浮かんでくる




「たとえ世界中の人が反対しても、私だけは あなたの味方だからね」

「絶対に、見捨てない。もう絶対に・・。」





この、自分からの想いを 


思い出すだけで

はっとする。






自分の中心に戻ってこれる






そうか。。



私がこの感覚まで到達できたから


「これでもか?ウラウラ~」


とお試ししてきてんのね、きっと。




こんなお試しが一生続く人生なのかもしんないと思っただけでゾッとしますわー。










はぁ。。







ブログタイトル、「ビビリのブログ」にしようかな。。







とにかく今日は、

しゅんです。

(p_-)























越地清美さん

ありがとうございます。。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です